マイグレーション

マイグレーションとはIBM汎用機及び他社機より、 IBM Power Systems i への、データや企業の基幹システム等の移行・変換を行う作業です。
新たな環境でのセットアップや各種設定の引継ぎ作業等も含めて、弊社が責任を持って行います。
移行を行う際に生じるマシン間のプログラム記述差異は、弊社独自のマイグレーションの技術と経験を用いて解決致します。

システム移行のプロセス

※タイトルをクリックすると説明が開閉します

移行設計工程では、豊富な実績から得たマイグレーションに関するノウハウと弊社開発の分析ツールによるソース解析結果を基に、お客様の移行方針に沿ったオーダーメイドの移行設計を行います。
また、移行設計の内容とそれを基に開発したソース変換ツールは、それぞれの試作変換で実際の移行対象リソースを用いた検証作業により品質の確認を行います。
1.調査・分析命令パターン分析によって得られた結果より使用機能の移行方針を決定
2.機能設計移行方針に基づき機能設計を行い"移行設計書"を作成
3.パイロット1手作業による変換で機能設計内容の誤りの有無を確認
4.ツール開発移行設計書に基づき変換ツールおよび代替ツールの開発
5.パイロット2変換ツールによる変換と動作確認を行い、量産手順の確認および機械変換精度向上の実施
量産変換工程では、変換ツールを使用しソースの一括変換を行った後、量産設計書に従った規則的な修正を反映し、ソースのコンパイルアップを行います。
1.自動変換パターン化可能な変換項目について変換ツールを用いて変換
2.手動変換パターン化できないレアケースの変換項目について手作業で変換
3.コンパイルアップ変換後ソースのコンパイルの実施
テスト検証工程では、目的に沿ったジョブ単位、システム業務単位、システム運用単位の3段階からなるテストにより変換結果がお客様の品質要件を満たしていることを確認致します。
1.単体テストオンラインは機能単位、バッチはジョブ単位のテストを実施
2.統合テスト定例処理や外部連携処理等のテストを実施し、サブシステム単位等での整合性のテストを実施
3.システムテストシステム業務運用を模したテストを実施

作業内容と成果物

一般的なマイグレーションプロジェクトにおける作業工程と成果物は下記のとおりです。
作業工程成果物
移行設計調査報告書
変換設計書
パイロット1実施報告書
変換ツール・代替機能ツール
パイロット2実施報告書
量産変換コンパイル完ソース
プログラムオブジェクト
テスト検証テスト済みソース
テスト済みプログラムオブジェクト
活動(支援作業)報告書

関連項目

弊社の今までの詳しい実績一覧です。
マイグレーション実績
対象システムと、移行対象ソース数より「IBM Power Systems i」へのホストマイグレーション概要費用を算出します。
概算見積
上に戻る