SYSTEM36変換

SYSTEM36変換とはSYSTEM/36で構築されたシステムを IBM Power Systems i 仕様に変換移行するサービスです。

移行イメージ

ソースメンバーは、ソースタイプに応じたソースファイルを新設し格納致します

現行環境(SYSTEM/36)ネイティブ環境(IBM Power Systems)
ユーザ・アプリケーションライブラリ(移行前)ユーザ・アプリケーションライブラリ(移行後)
QS36PRC(OCL36)QCLPSRC(CLP)
QS36SRC(RPG36)QRPGSRC(RPG)
QS36SRC(DSPF36)QDSPRC(DSPF)
QS36SRC(MNU36)QMNUSRC(MUNCMD,MNUDDS)
RPG内部記述より外部定義生成QDDSSRC(PF)
データライブラリ(QS36F)データライブラリ
データファイル(内部定義型)データファイル(外部定義型)
システム・サポート・プログラムライブラリ(QSSP)弊社開発代替機能ライブラリ

主な移行内容

(◇はオプションサービスとなります)

◆OCL36ソース変換OCL36ステートメントをCLコマンド、もしくは弊社開発の代替コマンドに置き換え、CLプログラムへ変換致します
◆RPG36ソース変換RPG36のみ使用可能な一部の機能を置き換えRPGプログラムへ変換致します
◆DSPF36ソース変換DSPF36よりDSPF(画面ファイル定義)を作成致します
◆MNU36ソース変換MNU36内のOCL記述を変換しMNUCMD,画面記述をMNUDDSへ変換致します
◇物理ファイル外部定義生成RPG36の独自構造部分よりPF(物理ファイル定義)を作成致します
◇プログラム呼出一覧作成(Excel)System/36・リソースの呼び出し情報を解析しプログラム呼出一覧を作成致します

【対象となるリソース】:OCL,RPG36,DSPF36,MNU36

お客様よりご提供いただくもの

◆ソース・ライブラリ変換対象となるソースをご提供頂きます
◆オブジェクト・ライブラリソース変換ツールにて使用する為に必要です
◆データ・ライブラリ物理ファイル外部定義生成(※オプションサービス)にて必要です
(データは必要ありません)

成果物/納品物

◆変換ソース、ロードモジュール
◆弊社開発代替機能ソース、ロードモジュール
◆受領/変換リソース一覧
上に戻る